毛じらみ(ケジラミ)ってどんな性病?/性病検査キット比較

性病検査は病院ではなく性病検査キットで!

 top
 性病の種類
毛じらみ(ケジラミ)ってどんな性病?


毛じらみ(ケジラミ)ってどんな性病?

 毛じらみ(ケジラミ)ってどんな性病?感染したときの症状と治療方法

毛じらみ(ケジラミ)とは、文字通りヒトの毛、主に陰毛に寄生する昆虫です。
シラミといえば、頭の毛に寄生するアタマジラミ・衣類に寄生するコロモジラミなどがいますが、毛じらみ(ケジラミ)はそれらの仲間です。

毛じらみ(ケジラミ)は、ヒトの陰毛の根元にしがみつき皮膚から血を吸います。
そして同じく毛の根元に卵を産みつけ、落ちないようにセメント様の物質で固めてしまうのです。
卵から孵化~成虫~産卵~死亡までを約1カ月ほどのサイクルで繰り返し続けます。

一般的に毛じらみ(ケジラミ)は陰毛に寄生しているため、性交渉時の陰毛同士の接触によって感染する場合が多いので性病というくくりになっていますが、名前の通り基本は毛のあるところなら寄生する可能性は充分あります。
毛じらみ(ケジラミ)はタオル・布団・衣類などからも感染することがあり、母子・家族感染の危険性もはらんでいます。


 毛じらみ(ケジラミ)に感染したらどうなる?

毛じらみ(ケジラミ)に感染してから1~2カ月でかゆみを自覚するようになり、その後激しいかゆみに襲われます。
毛じらみ(ケジラミ)の症状は男女ともに共通しており、陰部全体を掻きむしってしまうまでになります。
毛じらみ(ケジラミ)を発症してしまうと時には外出先でも我慢できなくなるほどです。

毛じらみ(ケジラミ)が吸血した箇所、また毛じらみ(ケジラミ)自身が排出する血糞により下着に赤い斑点が付着することがあり、患者が血尿と思って病院で診察を受けるとケジラミだったという例もあります。
毛じらみ(ケジラミ)のかゆみは強烈ですが、湿疹などは出ないのが特徴です。
毛じらみ(ケジラミ)はメスの成虫で1~1.2mm、オスの成虫で0.8~1mmほどの大きさです。

成虫、卵ともに肉眼で確認できる大きさですが、ぱっと見た限りではシミかフケとしか認識できない場合が多いので、ケジラミとしての発見が遅れることも多々あります。
自身で発見できる虫なので、異変を感じたら目視で確認してください。
毛じらみ(ケジラミ)を検査する検査キットなどはありませんが、他の性病に感染している可能性もありますので、不安を感じたら性病検査キットを活用してください。


 毛じらみ(ケジラミ)の治療法とは?

まず一番確実かつ有効な方法は、陰毛始め患部の毛を全て剃ってしまうことです。

毛じらみ(ケジラミ)が寄生している毛そのものを処理することにより、成虫・卵ともどもヒトの体から落とし切り、またケジラミが寄生できる場所そのものを無くしてしまうのです。
これだけで効果はてきめんですが、陰毛などの毛を全て剃り落とすことに抵抗がある人もいるかと思われます。
そういった何らかの理由がある場合は、殺虫剤による駆除も効果があります。
薬剤はフェノトリン製剤が使われ、パウダーを患部に散布したりシャンプーで洗い流したりといった方法を取ることとなります。
これらはスミスリンという商品名で薬局などで市販されていますので、比較的手に入りやすい薬品です。
これらの薬剤を2週間程度継続して使用しますが、卵には効果が薄いため、卵がかえるサイクルを想定して3~4日ごとに使用を続けてください。


男性用検査キット
ランキング
   女性用検査キット
ランキング

lein

性病の種類

性病の基礎知識

性病検査キットの選び方

性病コラム

性病体験談

PAGE TOP