クラミジアってどんな性病?/性病検査キット比較

性病検査は病院ではなく性病検査キットで!

 top
 性病の種類
尖圭コンジローマってどんな性病?


クラミジアってどんな性病?感染したときの症状と治療方法

 クラミジアってどんな性病?

クラミジアとは真正細菌の一種で、特に性器に感染し発症するものを性器クラミジア感染症と言います。

広義のクラミジアの中でもクラミジア・トラコマチスと呼ばれるものが引き起こす疾患で、日本における性病の中で一番多くの割合を占めています。
比較的若い世代での感染者数が増加しており、広がりを見せている病気です。

この細菌に感染しても自覚症状がないことが多く、知らずにセックスパートナーに移してしまったりすることも少なくありません。
ヒトの粘膜や、精液・膣分泌液といった体液から感染し、性器への感染の他オーラルセックスを行った際には咽頭にも感染します。

クラミジアに感染している場合、他の性感染症やHIVに感染する確率も格段に上がりますので注意が必要です。
出産による母子感染も考えられますが、出産前の妊婦検診により早期発見・治療すれば防ぐことができます。


 クラミジアに感染するとどうなる?

男性の場合は尿道、女性の場合は膣内に発症します。また、男女共通で咽頭にも症状が出ることもあります。

いずれも症状は軽いものが多く、また症状自体が出ないことも少なくないため、ともすれば見過ごしがちになるのがこの病気です。
男性が発症するときは尿道炎・精巣上体炎になり、尿道から分泌される微量の膿や軽い痛み・発熱、精巣上体の腫れなどが見受けられます。

放置すると、前立腺炎や精液に血が混在する血精液症、さらには肝炎などにも発展します。
女性が発症するときは子宮頸管に炎症を起こし、おりものが増えたり不正出血が起きたりします。

また下腹の痛みや性交痛がある場合もあります。
しかし女性の大半が自覚症状がないと言われ、感染に気付かずに放置すると子宮外妊娠や不妊症を引き起こす危険性があります。
また咽頭に感染した場合はのどの痛み・腫れの他若干痰が増えるなどの症状が出ます。


 クラミジアの治療法とは?

症状が出たらまずパートナーと一緒に検査を受けましょう。

男性は尿を、女性は膣分泌液を採取し検査します。
治療はいずれの箇所に発症した場合も共通しており、抗生物質・抗菌剤の内服薬を投与します。
薬剤はテトラサイクリン系・マクロライド系・ニューキノロン系製剤を使用します。

投与期間は1日~1週間程度で、その間に症状は治癒しますが菌自体は残っていることが多いので、医師の指示に従い正確に薬を服用することが重要です。
昨今クラミジアには、抗生物質に耐性をつける耐性菌のものも増えていますので、途中で薬の服用を止めてしまうと菌に薬に対する耐性がついてしまいます。
結果、再度薬を投与しても効かなくなってしまい、また症状の悪化にもつながるのです。

ゆえに、投薬後の再検査の他、治療が終わってから1カ月前後経過した後に再々検査を受け、確実な完治を確認することをおすすめします。

放っておくと症状が悪化してしまいますので、不安な方は今すぐに検査をした方が良いでしょう。


男性用検査キット
ランキング
   女性用検査キット
ランキング

lein

性病の種類

性病の基礎知識

性病検査キットの選び方

性病コラム

性病体験談

PAGE TOP