尖圭コンジローマってどんな性病?/性病検査キット比較

性病検査は病院ではなく性病検査キットで!

 top
 性病の種類
 尖圭コンジローマってどんな性病?


尖圭コンジローマってどんな性病?症状と治療方法

 尖圭コンジローマってどんな性病?

尖圭コンジローマ(または尖圭コンジローム)とは、ヒトパピローマウイルス(ヒト乳頭腫ウイルス)によって引き起こされる性病です。HPVとも表記されます。

HPV自体は100種を超えるDNA型があり、主に尖圭コンジローマを発症させるものはその中の6型と11型とされています。

あらゆる性行為で感染し、発症箇所は性器全般の表面・肛門の他太腿や唇などにも及びます。
男性の場合、亀頭付近などにイボ様のものができることがありますが、必ずしも尖圭コンジローマではなく、ほとんどはフォアダイスと呼ばれる脂線のかたまりであったり、真珠様陰茎小丘疹と呼ばれる自然現象的に発生するイボであることもあります。

しかし、素人目には判断がつきにくい場合も多いので、念のため検査・診断をおすすめします。
また、基本的にはがんなどに直結しない良性ですが、ウイルスの種類によっては子宮頸がんに発展する悪性である可能性もあります。


 尖圭コンジローマに感染するとどうなる?

感染から1~数カ月の潜伏期間を経て、感染部位にピンクまたは茶色のイボができます。

形状はニワトリのトサカ状・カリフラワー状または乳頭状に群生し、イボの先端は尖っています。
皮膚の表面上には明らかな異変が現れますが、痛みやかゆみなど感覚での自覚症状はないことがほとんどです。

イボは、男性は陰茎・亀頭・陰のうなど、女性は大陰唇・小陰唇・子宮頸部などに現れます。
時には男女とも肛門・尿道口までに差しかかることがあり、このイボは徐々に大きくなっていきます。

しかし、中にはこういった症状を発症せずに1年前後で自然治癒できてしまうパターンもあります。
とはいえ、症状が出なくてもウイルスだけが体に残っていることも少なくなく、気付かずにそのまま放置した結果、感染を広げることにもなります。
女性の場合は感染が子宮頸部にも及んでいることを見越して、同時に子宮頸がん検診もおすすめします。


 尖圭コンジローマの治療法とは?

この病気に関しては、薬剤の投与などでウイルス自体に働きかけるものはありません。

ウイルスごと根絶させることは現在の段階ではできないのです。
ゆえに、治療は主にできてしまったイボに働きかける対症療法が主となります。

イボを切除する外科手術・イボの組織を腐食させる、またはイボの増殖を抑える軟膏などの薬剤を塗布する薬物療法があります。
塗り薬の薬剤は5FU・ブレオマイシンといった抗がん剤が用いられます。
これは、がんと同様細胞の増殖を防ぐためです。

また最近発売された、尖圭コンジローマ専用治療薬のベセルナクリームという薬剤もあります。
切除の場合は電気メス、また液体窒素でイボを凍結させる方法や電気・レーザーで焼き切る方法もあります。

いずれの場合も患部にウイルスが残る可能性は高く、再発性の著しい病気です。完治に長期を要することもありますので、根気よく治療を続けましょう。


男性用検査キット
ランキング
   女性用検査キット
ランキング

lein

性病の種類

性病の基礎知識

性病検査キットの選び方

性病コラム

性病体験談

PAGE TOP