女性がかかりやすい性病/性病検査キット比較

性病検査は病院ではなく性病検査キットで!

 top
 性病の基礎知識
 女性がかかりやすい性病


女性がかかりやすい性病

 主に女性に発症する膣トリコモナス

この病気は、病名のとおり主に女性の膣に発症するものです。

男性には症状が現れにくいため、男性が自ら保虫していることに気付かず、処置・治療を施さないまま性交渉を行った結果、女性に感染させてしまうことも少なくありません。

女性が発症した場合はおりものに異変があったり外陰部などにかゆみ・痛みが発生したりします。しかし男性が目視できる症状ではないこと、また男性に症状がない、また発症してもごく軽い場合が多いことなどから、男性には見過ごされがちな病気の1つです。女性が男性に性病の話を切り出すことは、非常に勇気のいることです。

ましてや男性自身が、自分が保虫者だと意識していない場合、それはどんなに抵抗のあることか知れません。
しかしこれを放置した場合、仮に女性だけで治療したとしても再度男性から移されてしまい、ついには不妊になる危険があります。

勇気を出して一緒に治療を受けましょう。

 

 男性より女性に症状が出やすいカンジダ

この病気は、もともとヒトが持っているカンジダ菌が何らかの理由で免疫力が落ちた体に発症するものです。

女性器の構造上、よりカンジダ菌が増殖しやすいため、女性に発症しやすいのです。
また、女性が付ける下着や衣服は体に密着するものが多く、陰部が蒸れることにより症状が悪化してしまうこともあります。
女性の体の構造やライフスタイルのために、よりひどいかゆみなどの症状を引き起こしてしまうことにもなりかねないのです。

この病気の特性として、もともと誰もが保菌しているために必ずしも性交渉が原因で発症することではないという点があります。
ゆえに、男女どちらかが発症してしまってもどちらかが起因するものではなく、そこで大切なのは発症した後に相手をどれだけ気遣うことができるかです。
お互いに垣根ないコミュニケーションが取れれば、免疫力低下の一因であるストレスも軽減するかもしれませんね。

 

 再発率の高いヘルペス

この病気は、男女ともに感染・発症するものです。
特に女性の初感染の場合は排尿できないくらいの強い痛みを伴うこともあります。

口唇などにもできやすい病気ですので、オーラルセックスで感染してしまう可能性もあるのです。
もしヘルペスを発症している男性にフェラチオを求められた場合でも、避けた方が賢明です。

男女ともに症状が目視しやすく、またリスクがほぼ変わらないものですので、パートナー同士で一緒に治療に臨むことが大切です。
しかし、ヘルペスウイルスは根絶させることは現段階では難しいため、常に再発する可能性をはらんでいます。

特に女性の症状では強い痛みが生じるため、この症状の辛さを分け合うことはできなくてもお互いに理解しあうことは重要ではないでしょうか。
カンジダ同様ストレスなどによる要因から発症する場合もあります。
お互いを気遣い、一緒に乗り越えていきましょう。


男性用検査キット
ランキング
   女性用検査キット
ランキング

lein

性病の種類

性病の基礎知識

性病検査キットの選び方

性病コラム

性病体験談

PAGE TOP