性病の検査方法/性病検査キット比較

性病検査は病院ではなく性病検査キットで!

 top
 性病の基礎知識
 性病の検査方法


性病の検査方法

 病院の各外来にて検査が可能

性病かな?と少しでも思ったら、まず何より検査を受けてください。

性器の表面などに出る症状は皮膚科・尿道などに出る症状は泌尿器科・女性器の症状であれば婦人科・口腔や咽頭の症状の場合は耳鼻咽喉科などでそれぞれ検査を受けることができます。

また、複数個所に症状がある場合や明らかに性病であるとわかる場合は、性病科外来を設置している病院もありますのでそちらを訪ねてみるのもよいでしょう。

それぞれに検査料は1万円〜3万円である場合がほとんどです。
診察料や薬代もだいたい同じぐらいの相場となります。
ただし、これらはいずれも保険適用外の料金です。
性病検査や治療には、保険が適用されるものばかりではないので注意が必要です。
そのシステムは各医療機関・また治療方針等によって様々ですので、事前に確認しておいた方がよいでしょう。


 HIVなど保健所で検査できるもの

性病の検査を受けようと思っても、医療機関に出向いて自らの素性を明かした上で受けるというのは、病気の特性上抵抗がある場合も少なくないはずです。

さらに医療機関では検査だけでなく図らずも診察を伴うことが多く、それにかかる料金もかさんでしまいます。
症状が多岐にわたった場合、また複合感染している場合には、保険適用外だと1回に多額が飛んでいくこともあります。

そんなときは、保健所での性病検査を利用するのも手段の1つです。
保健所の性病検査は全て無料となっており、さらに個人情報を明かすことなく匿名で受けることができます。

しかし全ての性病に対応しているわけではなく、主には採血と採尿で検査ができるHIV・梅毒・クラミジア・淋病の検査のみの場合が多いです。
つまり、皮膚症状や咽頭・口唇などに発症するものは対象外なのです。
また、実施も1~2週間に1回であったり1回の定員が決まっていますので、詳しくは各自治体のサイトなどで確認するのがよいでしょう。


 簡単・便利に自宅でできる検査キット

性病検査は病院や保健所に出向いた方が確実とはわかっていながらも、やはり人と対面して検査を受けるのはどうしても恥ずかしいといった方もいらっしゃると思います。

そんな方は、自宅でできる検査キットを利用することをおすすめします。
ほとんどの場合は匿名で検査することができ、郵送すれば結果が返送される、また機関によってはインターネットのサイトで確認できるところもあり、大変便利です。

また、各機関に検査キットを申し込んで送付される際も、差し出し人を機関名ではなく個人名にしてくれたり、荷物の中身が何なのかわからないように梱包がなされていたりと気遣いも細やかです。
あらゆる性病検査に対応されたキットが各種取り揃えられており、さらに男性用・女性用と分けられているものもあります。

機関やタイプにもよりますが料金は1万円〜2万円と、病院での検査とほぼ同じくらいです。
ご自分の症状が気になっている方は、ぜひ気軽に利用してみてください。


男性用検査キット
ランキング
   女性用検査キット
ランキング

lein

性病の種類

性病の基礎知識

性病検査キットの選び方

性病コラム

性病体験談

PAGE TOP