旅先でのエッチが元で淋病疑惑になり不安な日々/性病体験談

性病検査は病院ではなく性病検査キットで!

 top
 性病の基礎知識
 旅先でのエッチが元で淋病疑惑になり不安な日々


旅先でのエッチが元で淋病疑惑になり不安な日々

自分で言うのも何ですが、私は普段から女性にかなりモテます。

と言っても、それほどルックスがいいわけでもないんですが、とにかく女性との関係で不自由したためしがないんです。


一度、友人の女性(彼女もかつて私に交際を求めてきた一人です)に、私のどういう部分が魅力的なのかというような質問を投げかけてみたところ、「優しくて、相手の女の子のパーソナリティを認めてくれるところ」という答えが返ってきました。


確かに私は他者を否定しませんし、どんな女の子の個性もすべて受け入れるタイプだったので、その程度のことでこんなにモテるのか…と、自分のことながら改めて感心してみたりもしました。


もちろん、同性の友人からすると、「ただの女たらし」というイメージが私の第一印象だったらしいですが、要は(つい数か月前まで)それくらい複数の女性と同時進行で交際したり、男女関係を持ったりしていたわけです。


今思えば、かなり無茶苦茶な性生活を送っていたな…と反省しています。

実は、こうした反省を私に促してくれたのは、他でもない性病検査キットの存在だったのです。


今年の夏、私は友人たちと、海水浴をかねて紀伊半島の南へと旅行に出かけました。

そこで、同じく九州の方から旅行に来ていたある女性たちと知り合ったんです。


例によってこれといった困難もなく、私は一夜のうちにその女性たちと関係を持ちました。

旅行先でのひと夏の遊びといった程度の考えだったわけです。


しかし、問題はそののち発生しました。

旅行から帰って来て数日後、尿意を覚えて、ごく普通にトイレで用を足していたんです。

その時、軽い違和感と共に少し痛みが走りました。


瞬間、あの旅行先での複数の女性との一夜を思い出しました。

もしかしたら、淋病ではないかと不安になり、その日のうちに性病検査キットを購入しました。


検査結果は陰性。


正直、その結果を確認して心から安堵しました。

改めて泌尿器科で見てもらったところ、例の痛みは尿道についた小さなキズによるものという診断をいただきました。

ともすれば、そのキズもまた、日常的な女性との関係の過程で生じさせてしまったものかも知れません。

その時はじめて、あれだけ女性と遊びまくっていたのに、病気というリスクのことを一切考えていなかった自分という存在に気がついたのです。

以来、私は変わりました。

継続させていた複数の女性との関係を断ち、自分にとって本当に大切なパートナーが現れる日を待つことにしたのです。

私を戒めてくれたのは性病検査キットです。

本当に感謝しています。


男性用検査キット
ランキング
   女性用検査キット
ランキング

lein

性病の種類

性病の基礎知識

性病検査キットの選び方

性病コラム

性病体験談

PAGE TOP