性病じゃなくてほっとした体験/性病検査体験談

性病検査は病院ではなく性病検査キットで!

 top
 性病体験談
 性病じゃなくてほっとした体験


性病じゃなくてほっとした体験

大学1年生の頃、先輩の家に泊まって、流れでセックスしてしまったことがありました。
彼氏じゃない人とするのは初めてで、でもなんだかそういう流れになってしまいました。
完全に気持ちもなく、火遊びでした。
ご飯を食べさせてくれて、泊めてくれたから身体を許したって感じでした。
自分でもやすい女だと思います。

その先輩は全然好みじゃなかったからか、全然濡れなくて。
でもその先輩のモノがそれなりの大きさがあったためになかなかはいらなくて、すごく痛い思いをしました。
あまりにも痛みが引かないし、おりものもなんか変な感じになってきて、性病なんじゃないかと思ってこわくなりました。
先輩に相談したら、自分には性病はないけど、病院に行ってみるようすすめられました。

病院は女医さんだったのですが、無理なセックスで女性器が痛いみたいなことをいうと凄い仏頂面をされました。 いちおう検査もしてもらって、菌がないか、ようは性病に感染してないかの判断はしてもらうことになりました。 勿論検査代金は先輩に請求しました。

しかし、女医さんの対応があまりにも悪かったので、検査結果を聞きに行かずばっくれてしまいました。 しかも、婦人科の受診が保険証経由でか親にバレて、なんなんだと言われたので生理不順で、とごまかしました。 こういう意味でも、学生さんとかは、性病検査を病院で受けるのは抵抗ありますよね。

でも痛みは引かないので、検査キットで検査しました。
送るだけなので、女医さんに嫌な思いをしたりとかいうこともなく、恥ずかしいこともなく、簡単でした。 こんなに便利なものがあるなら最初からこうしておけばよかったと心から思いました。

ちなみに結果性病は一切ありませんでした。
恐らくですが、本当にただ単に外傷だったんだと思います。
でもデリケートな部位なので気になるから調べるに越したことはないです。
後でやっぱりだめだったとかなっても取り返しつかないですもの。
医師との相性も親バレもきにならない検査キットは最高ですね。


男性用検査キット
ランキング
   女性用検査キット
ランキング

lein

性病の種類

性病の基礎知識

性病検査キットの選び方

性病コラム

性病体験談

PAGE TOP