昔、性病にかかった苦い苦い思い出話です/性病検査体験談

性病検査は病院ではなく性病検査キットで!

 top
 性病の基礎知識
 昔、性病にかかった苦い苦い思い出話です


昔、性病にかかった苦い苦い思い出話です

ちょっと恥ずかしいのですが、私が過去に性病にかかった事を書きたいと思います。

5年前の夏の話なのですが、当時25歳の私が付き合っていた彼女に振られ悶々とした日々を毎日送っていたのですが、久しぶりに中学生の時の親友から電話がかかってきて、

「今日暇?名古屋の栄に新しい風俗の店が出来たから一緒に行かない?」

とグッドタイミングの様にお誘いが来まして、久しぶりの親友の再開とエッチの欲望を胸に秘め二つ返事で、

「もちろん行くよ」

と返事をし、駅で待ち合わせをして名古屋までウキウキ気分で電車に揺られながら、友人と昔の思い出話に花を咲かせながら、これから行く風俗のお店の風俗嬢を妄想しながワクワク気分全開なのでしたが、悪夢がこの後訪れるの事はこれっぽっちも頭にありませんでした。

何だかんだで名古屋に着きとりあえずお店に行く前に精力をつけて行かないという事で、名古屋では有名なうなぎ屋さんに入り2人とも鰻重の大盛りと生ビールを頼んで、臨戦態勢を整えました。

そしていよいよ本日のメインイベントの風俗店に向かっていくのですが、私の友人はとにかく風俗が大好きで週に3日くらいは平気で行ってるらしく、風俗のお店を通り過ぎるたびに客引きのボーイさんが友人に対して、

「社長、今日は特別にいつもの30分サービスつけますよ」

やら

「若さん、今日はこないだのマルマルちゃん指名でいっぱいだけど無理して接待します」

など、どこかの組の若頭のような扱いで話しかけてくるのを横で見ていて、よっぽどこいつ金を使ってるんだなあと、関心しまくっていました。

そして10分くらい歩くとようやくお目当てのお店についたのですが、オープン日もあってすでに先客さん達が50人くらいいて大繁盛しまくっていました。たしかにこの日はオープン特別料金で一人様1000円40分オプション付でしたので、確かに納得できたのですが、

受付のボーイに何分待ちか尋ねると、

「30分くらいで案内できますよ」

と軽く言われました。僕は

「エッそんなに早いの?」

と思わず大きな声で返答したのですが、それもそのはず風俗嬢のアルバムを見せてもらったのですが、ゆうに50人はいると思われる風俗嬢に納得しました。

そして私好みの子がいましたので、その子を指名して真新しい部屋でひと時の夢物語を過ごし、友人と再会を約束して帰路についたのですが、悪夢が始まったのは、次の朝のことでした。

トイレに行きいつものように用をたそうと息子をだしたのですが、何か痛いじゃないですか、おかしいなと思いそれでもおしっこが我慢できないので、無理やり使用とすると今度はおしっこではなく黄色い膿のような物がでてくるではないですか。

これは家族や誰にも言えないとどうしようと思い、思考した結果以前知り合いからネットで性病検査キットが通販で買える事を聞いたのを思い出し、早速注文をして調べたのですが、やっぱり性病のクラミジアにかかっていまして、すぐに病院に行って治療をしてもらいました。

先生いわく

「良くこんなに早く性病を自分で気づけたね」

と言われたのですが、検査キットの話を聞くと納得していました。

「早くこられたので、早く治るよ。』

と先生に言われたときには検査キット有難うの気持ちでいっぱいになりました。

みなさんも性病かなと思ったらすぐに検査をしたほうがいいです。

これで私の恥ずかしい話を終わりにします。


男性用検査キット
ランキング
   女性用検査キット
ランキング

lein

性病の種類

性病の基礎知識

性病検査キットの選び方

性病コラム

性病体験談

PAGE TOP